1. ストレスとホルモンの関係

ストレスとホルモンの関係

ストレスが溜まる事でホルモンバランスは崩れます

これは男性女性どちらにも当てはまる事で上手くストレス解消して生きていかなければなりませんホルモンはすぎても少なすぎても影響をもたらすので適度な量を保つように心がけましょう

適度な量を保つためには刺激を身体に与えず穏やかに過ごす必要があります逆にストレスが溜まりすぎると司令塔となる脳に影響を与えホルモンバランスが整わなくなります

働きすぎ休みがないと息抜きすることが出来ず目に見える形で身体に不調が出てしまうでしょう不安感が強くても身体に影響が出ます

不安感の元となる原因を早々に理解することが大事ですメンタル面を強くするために早寝早起きをして生活リズムを崩さないようにしましょう起きた直後積極的に朝日に浴びることで前向きな気持ちを育てることができます一日三食適度な運動を取り入れるだけでも全然違ってくるでしょう

悩みが出来た打ち明けられる友達がいることで心の負担が変わってきますいまいち効果が実感できないという場合にはホルモンバランスを整えるサプリメントを摂るようにしますサポニンが含まれたものであればイライラした気持ちを沈めやる気に満ち溢れるようになるでしょうマカが含まれたものであれば疲れを取り除き気持ちをリラックスさせてくれます自分の性質に合わせたサプリメントを摂るようにすれば直ぐに身体の不調が無くなります

サプリメントが合わない場合漢方薬を利用するのも一つの手です人に相談すれば気の持ちようでどうにかなると言われるかもしれませんがそんなことはありませんストレスは身体を滅ぼすための原因ですホルモンが育たないと身長を伸ばす筋肉を作る力が働かなくなるので疲れやすい身体へと変化していきます女性であれば月経不順身体が次第に冷えを感じるでしょう

老化の原因ともなるので肌にシワが出来たりどこか老けてみえるようになりますどうやってストレス解消したらいいのかわからない場合には自分の楽しいことをひたすら行うようにしますゲーム読書サッカーライブに行くテレビを見るなど色々試してみましょう

ストレスを感じすぎると中には何もしたくないという鬱気味傾向に陥ります実は動くことでストレスを感じる作用は消えホルモンバランスは整います

無理に動こうとせず軽く行えるウォーキングから始めてみることで気持ちの良い汗をかけ同時にダイエットにも良い影響を与えます

エストロゲンとテストステロンについて

1. エストロゲンとテストステロンについて

テストステロンとエストロゲンこの2つの言葉の関係や違いを知っていますか男性はテストステロンが高く女性はエストロゲンが高い身体になっていますテストステロンとは男性ホルモンの1つで精巣から作られ男性のがっちりした骨格や筋肉はテストステロンからの影響で筋肉や骨の形成に関わっていますテストステロンは生殖機能を作りだしたりストレスを減らしたり幸せホルモンと言われるドーパミンをつくります集中力や記憶力を上げ血管年齢を若くしてくれたり糖尿病などの予防をしてくれますテストステロンは20歳をピークにして20歳以降は少しずつ減少していきテストステロンが減ると体調不良や病気を招きます男性ホルモンが減少することで起こる病気には男性更年期障害骨粗しょう症糖尿病心筋梗塞脳梗塞勃起不全うつ病などがありますテストステロンが減る原因は加齢以外には筋力の低下コレステロールが不足した食事などがありますテストステロンを増加させるには食事とサプリメントで補って増やす方法がありますテストステロンを増やす効果のある食品には良質なたんぱく質亜鉛一価不飽和脂肪酸飽和脂肪酸含硫化合物などがありますタンパク質は肉や牛乳亜鉛は牛肉豚肉鶏肉チーズなどが含まれ一価不飽和脂肪酸飽和脂肪酸はオリーブオイルアーモンドチーズアボガド含硫化合物にはタマネギニンニクニラなどに多く含まれています男性は40歳をすぎた頃からテストステロンが減るので食事でうまく摂取できない時はサプリメントの力を借りるのもよいでしょうサプリメントを摂取して一緒に筋トレをすると効率よくテストステロンを増やすことができますエストロゲンとは女性ホルモンのひとつで妊娠出産にはなくてはならない大事なものになりますエストロゲンとは卵胞ホルモンとも呼ばれ発育した卵胞からエストロゲンが分泌されていますエストロゲンの分泌が正常に行われていると女性らしい丸みのある柔らかな身体つきになり卵胞の成熟ができる受精卵を床するために子宮内膜を厚くして受精の準備をする自律神経が整い感情の働きや脳の働が整っています女性はエストロゲンが減少すると身体に不調を招き慢性的な体調不良や精神の不安身体のだるさなどが現れてきます主な症状としては生理不順無月経不妊お肌の調子が悪いイライラしたり怒りっぽくなる眠れなくなる体のむくみ骨が弱くなる代謝が悪くなり痩せにくくなる髪の毛がパサパサになり艶がなくなり白髪が多くなる高血圧動脈硬化が発症しやすくなるなどがありますエストロゲンが減少する原因にはちょっとした環境の変化やストレスなどがあり食生活の乱れや偏った食事人間関係のストレスで自律神経を崩したり睡眠不足などでエストロゲンが減ると言われていますエストロゲンを増やす食品には納豆豆腐の大豆食品の大豆イソフラボンを多く含む食品やザクロや山芋キャベツプルーンアボガドカボチャアーモンドがあり積極的に摂るようにしましょう減少したエストロゲンはサプリメントで補うことができエストロゲンに必要な成分はマカ大豆イソフラボンブラックコホシュホッププラセンタローヤルゼリーザクロなどがありますマカ大豆イソフラボンブラックコホシュはエストロゲンを促しプラセンタローヤルゼリーザクロには美肌美白や疲労回復や更年期障害などの老化を防いでくれる効果がありますサプリメントの過剰摂取はいけませんが足りないエストロゲンはサプリメントを足すと女性ホルモンも整い美肌のサポートにもなります

抗酸化物質とは?

抗酸化物質について

抗酸化物質とは

私達人間を含めた生物は空気中に有る酸素を体内に取り込み他の栄養素等と結び付けることで生きて行く為のエネルギーを作り出しております体内に摂り込まれた酸素が全てエネルギーとして使われずに残ってしまうと活性酸素と言われる物質に変化し身体が酸化した状態になってしまいますこの身体が酸化してしまった状態では人の身体は様々な病気や機能の障害を引き起こしてしまい糖尿病や高脂血症肝機能の低下等の生活習慣病と言われる症状や動脈硬化や癌等の重篤な病気から白髪やシミシワ等と言った身体の老化とも関連しておりますこの活性酸素は加齢と共に発生量が増えてしまう事が判っておりましアルコールの飲み過ぎやストレス食品に含まれる食品添加物タバコや激しい運動或いは紫外線等も活性酸素を増やす原因とされております抗酸化物質とはこの様な体内への活性酸素の蓄積を抑えたり体内で発生してしまった活性酸素を取り除く大変重要な役割を持つ物質です

抗酸化物質を含む食品

次にこの抗酸化物質を多く含む食品に付いて調べて見ましょう私達の身の回りにある食品で最も抗酸化物質を多く含む食品はバナナですバナナはアミノ酸やビタミン群の非常に豊富な食品でしかも食物繊維も非常に多く含んでおります抗酸化作用が高い事も考えるとバナナは1日1本は食べておきたい食品です次に抗酸化物質を多く含む食品はカボチャやニンジンピーマン等の緑黄色野菜言われている物です緑黄色野菜には非常に多くのカロチンと言う成分が含まれており抗酸化作用が高い事が判っております更にトマトに含まれるリコピンやナスに含まれるアントシアニンも抗酸化作用の高い成分ですので日頃の食事には積極的に摂りれて行きたい食品ですキャベツは緑黄色野菜ではありませんが抗酸化物質を非常に多く含んでおり特に春先に取れる若いキャベツ程抗酸化作用が強いとされております次に香味野菜と言われる物にも抗酸化物質が多く含まれております代表的な食品としてはニンニクや生姜ネギセロリ等になりますこれらの香味野菜と言われる食品はアリシンと言われる臭いの元になる成分が含まれておりこのアリシンが体内に蓄積されてしまった活性酸素と結び付き身体の酸化を防いでくれますその毎日の食事の中に香り付け程度でも良いので摂り入れて行きたい食品ですその他の食品としてはソバや大豆食品等も抗酸化物質を多く含んでおり積極的に食事に摂り入れて行く事が大切です

抗酸化物質の種類

抗酸化物質は大きく分けて生体由来の物と天然成分由来の物とに分ける事が出来ます生体由来の抗酸化物質は尿酸やアスコルビン酸グルタチオンメラトニン等が有りますが元来生物の身体の中に存在する抗酸化物質で身体をつかさどる脳や血液の成分や細胞などの酸化防止に強い働きを持っております一方天然由来の抗酸化物質にはトコフェロールと言われる物質やカロテノイドポリフェノール等が挙げられますとにかく人の身体に大変良いとされる物質で強い抗酸化作用を持っており身体の酸化を防止してくれる事は元より活性酸素を取り除く働きも持っております

まとめ

抗酸化物質は私達人間の身体を病気等から守ってくれる大変重要な物質で特に身体が酸化してしまう事を防いでくれる物質ですこの抗酸化物質は食事等から摂る事で補充をして行く事が大切です特に年齢を重ねて行く事で身体が酸化して行ってしまうので日頃の食事の中に抗酸化作用の高い食品を積極的に摂り入れて行く工夫が大切になってきます