抗酸化物質とは?

抗酸化物質について

抗酸化物質とは

私達人間を含めた生物は空気中に有る酸素を体内に取り込み他の栄養素等と結び付けることで生きて行く為のエネルギーを作り出しております体内に摂り込まれた酸素が全てエネルギーとして使われずに残ってしまうと活性酸素と言われる物質に変化し身体が酸化した状態になってしまいますこの身体が酸化してしまった状態では人の身体は様々な病気や機能の障害を引き起こしてしまい糖尿病や高脂血症肝機能の低下等の生活習慣病と言われる症状や動脈硬化や癌等の重篤な病気から白髪やシミシワ等と言った身体の老化とも関連しておりますこの活性酸素は加齢と共に発生量が増えてしまう事が判っておりましアルコールの飲み過ぎやストレス食品に含まれる食品添加物タバコや激しい運動或いは紫外線等も活性酸素を増やす原因とされております抗酸化物質とはこの様な体内への活性酸素の蓄積を抑えたり体内で発生してしまった活性酸素を取り除く大変重要な役割を持つ物質です

抗酸化物質を含む食品

次にこの抗酸化物質を多く含む食品に付いて調べて見ましょう私達の身の回りにある食品で最も抗酸化物質を多く含む食品はバナナですバナナはアミノ酸やビタミン群の非常に豊富な食品でしかも食物繊維も非常に多く含んでおります抗酸化作用が高い事も考えるとバナナは1日1本は食べておきたい食品です次に抗酸化物質を多く含む食品はカボチャやニンジンピーマン等の緑黄色野菜言われている物です緑黄色野菜には非常に多くのカロチンと言う成分が含まれており抗酸化作用が高い事が判っております更にトマトに含まれるリコピンやナスに含まれるアントシアニンも抗酸化作用の高い成分ですので日頃の食事には積極的に摂りれて行きたい食品ですキャベツは緑黄色野菜ではありませんが抗酸化物質を非常に多く含んでおり特に春先に取れる若いキャベツ程抗酸化作用が強いとされております次に香味野菜と言われる物にも抗酸化物質が多く含まれております代表的な食品としてはニンニクや生姜ネギセロリ等になりますこれらの香味野菜と言われる食品はアリシンと言われる臭いの元になる成分が含まれておりこのアリシンが体内に蓄積されてしまった活性酸素と結び付き身体の酸化を防いでくれますその毎日の食事の中に香り付け程度でも良いので摂り入れて行きたい食品ですその他の食品としてはソバや大豆食品等も抗酸化物質を多く含んでおり積極的に食事に摂り入れて行く事が大切です

抗酸化物質の種類

抗酸化物質は大きく分けて生体由来の物と天然成分由来の物とに分ける事が出来ます生体由来の抗酸化物質は尿酸やアスコルビン酸グルタチオンメラトニン等が有りますが元来生物の身体の中に存在する抗酸化物質で身体をつかさどる脳や血液の成分や細胞などの酸化防止に強い働きを持っております一方天然由来の抗酸化物質にはトコフェロールと言われる物質やカロテノイドポリフェノール等が挙げられますとにかく人の身体に大変良いとされる物質で強い抗酸化作用を持っており身体の酸化を防止してくれる事は元より活性酸素を取り除く働きも持っております

まとめ

抗酸化物質は私達人間の身体を病気等から守ってくれる大変重要な物質で特に身体が酸化してしまう事を防いでくれる物質ですこの抗酸化物質は食事等から摂る事で補充をして行く事が大切です特に年齢を重ねて行く事で身体が酸化して行ってしまうので日頃の食事の中に抗酸化作用の高い食品を積極的に摂り入れて行く工夫が大切になってきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です