エストロゲンとテストステロンについて

1. エストロゲンとテストステロンについて

テストステロンとエストロゲンこの2つの言葉の関係や違いを知っていますか男性はテストステロンが高く女性はエストロゲンが高い身体になっていますテストステロンとは男性ホルモンの1つで精巣から作られ男性のがっちりした骨格や筋肉はテストステロンからの影響で筋肉や骨の形成に関わっていますテストステロンは生殖機能を作りだしたりストレスを減らしたり幸せホルモンと言われるドーパミンをつくります集中力や記憶力を上げ血管年齢を若くしてくれたり糖尿病などの予防をしてくれますテストステロンは20歳をピークにして20歳以降は少しずつ減少していきテストステロンが減ると体調不良や病気を招きます男性ホルモンが減少することで起こる病気には男性更年期障害骨粗しょう症糖尿病心筋梗塞脳梗塞勃起不全うつ病などがありますテストステロンが減る原因は加齢以外には筋力の低下コレステロールが不足した食事などがありますテストステロンを増加させるには食事とサプリメントで補って増やす方法がありますテストステロンを増やす効果のある食品には良質なたんぱく質亜鉛一価不飽和脂肪酸飽和脂肪酸含硫化合物などがありますタンパク質は肉や牛乳亜鉛は牛肉豚肉鶏肉チーズなどが含まれ一価不飽和脂肪酸飽和脂肪酸はオリーブオイルアーモンドチーズアボガド含硫化合物にはタマネギニンニクニラなどに多く含まれています男性は40歳をすぎた頃からテストステロンが減るので食事でうまく摂取できない時はサプリメントの力を借りるのもよいでしょうサプリメントを摂取して一緒に筋トレをすると効率よくテストステロンを増やすことができますエストロゲンとは女性ホルモンのひとつで妊娠出産にはなくてはならない大事なものになりますエストロゲンとは卵胞ホルモンとも呼ばれ発育した卵胞からエストロゲンが分泌されていますエストロゲンの分泌が正常に行われていると女性らしい丸みのある柔らかな身体つきになり卵胞の成熟ができる受精卵を床するために子宮内膜を厚くして受精の準備をする自律神経が整い感情の働きや脳の働が整っています女性はエストロゲンが減少すると身体に不調を招き慢性的な体調不良や精神の不安身体のだるさなどが現れてきます主な症状としては生理不順無月経不妊お肌の調子が悪いイライラしたり怒りっぽくなる眠れなくなる体のむくみ骨が弱くなる代謝が悪くなり痩せにくくなる髪の毛がパサパサになり艶がなくなり白髪が多くなる高血圧動脈硬化が発症しやすくなるなどがありますエストロゲンが減少する原因にはちょっとした環境の変化やストレスなどがあり食生活の乱れや偏った食事人間関係のストレスで自律神経を崩したり睡眠不足などでエストロゲンが減ると言われていますエストロゲンを増やす食品には納豆豆腐の大豆食品の大豆イソフラボンを多く含む食品やザクロや山芋キャベツプルーンアボガドカボチャアーモンドがあり積極的に摂るようにしましょう減少したエストロゲンはサプリメントで補うことができエストロゲンに必要な成分はマカ大豆イソフラボンブラックコホシュホッププラセンタローヤルゼリーザクロなどがありますマカ大豆イソフラボンブラックコホシュはエストロゲンを促しプラセンタローヤルゼリーザクロには美肌美白や疲労回復や更年期障害などの老化を防いでくれる効果がありますサプリメントの過剰摂取はいけませんが足りないエストロゲンはサプリメントを足すと女性ホルモンも整い美肌のサポートにもなります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です