1. ストレスとホルモンの関係

ストレスとホルモンの関係

ストレスが溜まる事でホルモンバランスは崩れます

これは男性女性どちらにも当てはまる事で上手くストレス解消して生きていかなければなりませんホルモンはすぎても少なすぎても影響をもたらすので適度な量を保つように心がけましょう

適度な量を保つためには刺激を身体に与えず穏やかに過ごす必要があります逆にストレスが溜まりすぎると司令塔となる脳に影響を与えホルモンバランスが整わなくなります

働きすぎ休みがないと息抜きすることが出来ず目に見える形で身体に不調が出てしまうでしょう不安感が強くても身体に影響が出ます

不安感の元となる原因を早々に理解することが大事ですメンタル面を強くするために早寝早起きをして生活リズムを崩さないようにしましょう起きた直後積極的に朝日に浴びることで前向きな気持ちを育てることができます一日三食適度な運動を取り入れるだけでも全然違ってくるでしょう

悩みが出来た打ち明けられる友達がいることで心の負担が変わってきますいまいち効果が実感できないという場合にはホルモンバランスを整えるサプリメントを摂るようにしますサポニンが含まれたものであればイライラした気持ちを沈めやる気に満ち溢れるようになるでしょうマカが含まれたものであれば疲れを取り除き気持ちをリラックスさせてくれます自分の性質に合わせたサプリメントを摂るようにすれば直ぐに身体の不調が無くなります

サプリメントが合わない場合漢方薬を利用するのも一つの手です人に相談すれば気の持ちようでどうにかなると言われるかもしれませんがそんなことはありませんストレスは身体を滅ぼすための原因ですホルモンが育たないと身長を伸ばす筋肉を作る力が働かなくなるので疲れやすい身体へと変化していきます女性であれば月経不順身体が次第に冷えを感じるでしょう

老化の原因ともなるので肌にシワが出来たりどこか老けてみえるようになりますどうやってストレス解消したらいいのかわからない場合には自分の楽しいことをひたすら行うようにしますゲーム読書サッカーライブに行くテレビを見るなど色々試してみましょう

ストレスを感じすぎると中には何もしたくないという鬱気味傾向に陥ります実は動くことでストレスを感じる作用は消えホルモンバランスは整います

無理に動こうとせず軽く行えるウォーキングから始めてみることで気持ちの良い汗をかけ同時にダイエットにも良い影響を与えます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です