ホルモン治療について

ホルモン治療とは月経前症候群ホルモン治療と聞いてなにが思い当たるでしょうかホルモン治療はガンの治療だったり月経前症候群PMS月経困難症更年期障害など様々な病気の治療法として確立されております

その中でも月経前症候群についての治療についてご説明いたします月経前症候群はホルモンバランスなどが原因で起こる月経前の諸症状を指します

症状としては自律神経の乱れによるイライラや倦怠感むくみ頭痛腹痛腰痛などの症状が表れなかにはセロトニンの不足によるうつ状態や睡眠障害まで起きる方もおられます

それらの症状は生理前に合わせた様に周期的に起きて生理が起きると治るのが特徴です

主な治療としてはホルモン治療カウンセリング生活改善漢方がありますが主も効率的な治療法としてホルモン治療が使われます

ホルモン治療は乱れたホルモンバランスを正常に戻すのを目的として治療しそれら諸症状の改善をします

治療の種類月経前症候群の治療には主に2つの治療法がありますまず1つ目は黄体機能不全を治療するためのもの

黄体機能不全というとなかなか聞き慣れないワードです

黄体機能不全は生理前に黄体ホルモンプロゲステロン減りすぎてしまい様々な影響を及ぼす症状黄体機能不全の方は基礎体温を測ってもバラバラで排卵が起こらない無排卵状態になる場合もあります

不妊の原因にもなる事があり治療をすることが重要となります

それを改善させる目的で生理前に黄体ホルモンの投与をする治療法です

何回か治療を続けることで症状の改善が見込めます

黄体ホルモンの投与には色んな方法があり注射ホルモンクリーム錠剤などの薬での投与方法があります

もう1つはピルを使った治療簡単に言うと生理と排卵を止めて症状を改善させます

月経前症候群は生理前に限って起こる病気なので生理を止めて症状が出るのを防いでいるのです

ピルは避妊薬としてのイメージが強い方もおられますがこういった治療としても使われています

ただしピルといっても避妊用のものとはまた違う低容量ピル呼ばれるもので妊娠確率はゼロではありませんので注意が必要です

妊娠希望の方は妊娠確率が下がってしまうので他の治療法を考えた方がいいかもしれませんね

気になる治療費用は副作用は黄体ホルモン投与の治療費用は薬の服薬や注射まで様々ですが薬はとても値段に差があります

安いものなら1000円くらいですが高いものは10000円もします注射なら一回300円程度の費用で受けられるものもあります

最近は安いホルモン剤も増えているようです

ただし注射はお腹に直接注射するものですが度が高いものだと痛みがキツい場合もあるので心配な方はお医者さんに相談してみるとよいでしょう

ピルを投与する治療は1ヶ月分で2000円くらいピルの種類によって薬価も違うのでまずは値段で選んでもいいし体の相性で選んでみてもいいかもしれません長期的に治療を続けることを考えると少し高くつくかもしれませんが生理が止まることを考えるととても楽なので私はこちらを勧めします

どちらもこれといって副作用はあまりありません

とても稀に吐き気などが起こる方がいますが本当に稀なケースですピルの服用についての副作用も稀にむくみが気になる方も居ますが薬の種類を変えたりすれば改善されることがほとんどです

なので心配する必要ほとんどありませんもし月経前症候群で悩む人がおられたら病院で気軽に相談することを勧めします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です